三幸建設株式会社

お問合せ | 資料請求 | 会社概要 | サイトマップ

HOME > 外断熱の家 > ココが違う三幸の外断熱

ココが違う三幸の外断熱

外断熱工法が、夏は爽やかで、冬は暖かい環境を実現するために、私共、三幸建設には3つのこだわりがあります。

断熱ラインへのこだわり
断熱ライン 外断熱の言葉の定義通り、構造体(柱等)の外側に断熱施工を行う部分をどう取るかにこだわります。
三幸建設の“外断熱の家”では、この断熱材を施工するライン(断熱ライン)を基礎の外側 ~ 壁の外側 ~ 屋根材の下(イメージ図参照)として、構造体を完全に板状の断熱材にてスッポリと包み込んでいます。また、開口部には、断熱性の高いサッシュを使用しています。

 断熱ラインにこだわる理由として、屋根材の下に断熱施工を行わないと夏の暑さ、特に2階の天井の焼けこみは防げません。また、基礎コンクリートの外側に断熱施工を行わなければ、コンクリートは熱伝導性が高いので、冬の冷気が容易に建物に侵入し、足元が冷たくなってしまいますので、「快適さ」追求する観点からは断熱ラインの取り方は最も重要です。

他社の外断熱工法との大きな違いは、この断熱ラインの取り方にあります。



気密性へのこだわり
 気密性とは、断熱施工をした建物においてどれぐらいの隙間があるかによって判断されます。言ってみれば、断熱施工の精度の高さを計る値です。 約40坪(床面積132m2)の家において、標準的な一般住宅の場合の隙間面積の合計は、B4コピー用紙相当分の隙間がありますが、“外断熱の家”では名刺サイズくらいの隙間しかありません。

 家の断熱性・気密性が高くなれば、外部からの家への影響は極めて小さくなります。 結果として、冷暖房負荷が小さくなる為に、家全体を対象とした精度の高い空調計画や換気計画を行う事が可能となり、吹き抜けや勾配天井のある家でさえも温度をコントロールし、快適に過ごしやすい状態を創り出します。

 三幸建設では、高い断熱性・気密性を確保する為に、全ての“外断熱の家”で、第三者機関による気密テストを行っております。

風通しの良い家へのこだわり
 高気密・高断熱の家は、機械的に制御された息苦しい、風通しの悪い家であると、多くの方に誤解されている様ですが、私共は 間仕切りの少ない解放的な“外断熱の家”こそが、真に風通しの良い過ごしやすい家であると確信しております。

 これまでの常識では、吹き抜けや勾配天井のある開放的な間取りは、見た目は華やかですが空調効率が悪く、光熱費がかさむ割には冷暖房が効かない、非実用的な空間として捉えられ、実用的には、冷暖房が効く様に独立した部屋同士を連続させる間取りが意識的に作られていました。こういう家は、窓を開けても、家中が壁で区切られてしまうため、風の流れが遮断されて、風通しが悪くなります。

 私共は、設計段階において、間仕切りを少なくし、吹き抜けや勾配天井のある開放的な間取りを積極的に推奨しております。勿論、家の断熱性・気密性を十分に活用しておりますので、吹き抜けや勾配天井を設けても、夏も冬も快適にすごしていただけます。

 

PAGE TOP