三幸建設株式会社

お問合せ | 資料請求 | 会社概要 | サイトマップ

HOME > 外断熱の家 > 外断熱工法の暮らし

外断熱工法の暮らし

  • 外断熱の夏の生活
  • 外断熱の冬の生活

 日本家屋は古来より「夏を旨とすべし」として建築されてきました。これは、高温多湿の夏の気候を、風通しの良い家で凌ぐ先人の知恵とでも言うべきものでしょう。
 家中の窓を開け放して、涼しい風が家を流れていればクーラーなどは必要では無いのですが、現代の住宅事情を見てみると、全地球レベルでの温暖化、ヒートアイランド現象、住宅地の密集化等、夏期においては年々過ごしづらい環境となってきており、クーラーに依存する暮らしは、これからのエコの時代、経済的にも、健康・環境にも負担が大きいのではないでしょうか?


 間仕切りの少ない開放的な間取りや吹き抜けのある間取りを採用する外断熱の家は、窓を開いていれば、そのままでも、より風の通りやすい家ですが、高い断熱性能をより活かす為に、開口部への“遮熱”を意識的に行う事で、クーラーに頼りすぎる事なく、快適な暮らしを実現できます。

遮熱のイメージ図

遮熱のイメージ図 ↑拡大表示

外断熱の家 夏のイメージ図

「外断熱の家」夏のイメージ図 ↑拡大表示

 従来の家の暑さの原因と考えられる天井(特に2階)の焼けこみは、“外断熱の家”では屋根材の下の断熱により、ほぼ完全に抑えられております。
 これに加え、日射の強い開口部を遮光カーテン、すだれ、ひさし等を使って“遮熱”を行う事により、家の中全体が、外部からの熱の影響を受けにくく、冷房負荷が小さくなる為、クーラーが非常に良く効きます。
実際に、弱運転や除湿のみの運転で、快適に過ごして頂けますので、クーラーの使用を最小限に抑える事ができます。


弊社の施工事例の中には、吹き抜けを設けた間仕切りの少ない開放的な間取りにおいて、吹き抜け部に設置した1台のクーラーのみで、全館冷房を実現している事例があります。

 冬において、家の断熱機能を十分に活用した快適な暮らし方をするには、暖房器具の選定が重要なポイントです。すなわち、従来の対流式のエアコンやファンヒーターで一時的に空気のみを暖めるのではなく、蓄熱式暖房機を使用して、時間をかけながら、ジワジワと家全体を暖めていきます。

蓄熱式暖房機

 私共が推奨する蓄熱式暖房機は、深夜電力が流れる時間帯に暖房機自体が蓄熱し、その熱が遠赤外線としてゆっくりと24時間かけて放出されます。放出された遠赤外線は、家中の床・壁・天井そのものに熱として吸収され、蓄積されてゆきます。
 熱が十分に建物に吸収されると、建物の表面温度は外気温に殆ど影響されずに13~15℃くらいになり、冬の間を通して、春先の日溜まりの陽気の中で過ごす様な体感温度を得られます。また、床面と天井面との表面温度の差も小さくなる為(実際の温度差は1~2℃)、足もとだけが冷たくなるという現象は発生しません。 間仕切りの少ない開放的な間取りや吹き抜けのある間取りを採用すれば、より効果的で、家全体がより均一な温熱環境に保たれます。

【 一般の暖房器具(対流式)】

一般の暖房器具(対流式)

温風が上昇するので、足元が冷たいままです。

【 蓄熱式暖房機 】

蓄熱式暖房機

遠赤外線が熱として家中に吸収されます。

 

 気になる蓄熱式暖房機のランニングコストですが、約40坪の建物に大型の暖房機(3KW)を1台使用して月額5,000~6,000円位とかなり経済的です。実際の暮らしの中では、部屋間の温度差は極めて小さく、生活の中心であるLDKとトイレ・洗面脱衣室との温度差も1~2℃程度です。お年寄りが気になるヒートショックも心配ありません。
 また、開口部分(窓・玄関ドア)の断熱性能も極めて高い為、窓の近くが寒くなることもなく、また窓への結露が殆ど発生しません。

外断熱の家 冬のイメージ図

「外断熱の家」冬のイメージ図 ↑拡大表示

PAGE TOP