三幸建設株式会社

お問合せ | 資料請求 | 会社概要 | サイトマップ

HOME > コラム > 太陽光発電と雨漏り

太陽光発電と雨漏り

 太陽光発電は、政府主導の省エネ政策の後押しや時勢の流れもあってか家電量販店・住宅メーカー・リフォーム会社・訪問販売店が入り混じっての熾烈な販売合戦が繰り広げられています。

 同じ業界の側から見て気になるのですが、既築の住宅の場合、屋根に穴を開けたり、瓦を取り外したりして太陽光パネルを屋根に取り付けるわけですから、その後の防水処理工事は大変重要なポイントとなるのですが、果たしてどの業者でもキチンと施工されているものなのでしょうか?

 もし、雨漏りが発生したら、どこが責任をとるのでしょうか?
 特に訪問販売の業者さんなどは、万が一の場合には、対応して貰えるのか?
 また、会社が無くなっていたらどうなるのか?

 現在の瑕疵担保責任保険制度にて新築引き渡し物件については、施工者に10年間の雨漏りに対する保証は義務づけられておりますが、引き渡し後にお施主様がご自身で手配された業者が行った工事については瑕疵担保保証の対象外となってしまいます。

  新築物件の施工者が新たに増改築を行うという意味合いのリフォーム保証の場合は、追加費用が必要ですが、保証の対象とする事が出来ます。

 付けたは良いが、意外な落とし穴にならないと限りませんので、施工業者の見極めは慎重に行なうことが必要となります。


ソラー発電

PAGE TOP